一般社団法人えにしの会

その他業界

はじめに

日本はこれからますます高齢化社会となっていきます。内閣府によると、団塊の世代が75歳以上になる令和7年には3,677万人に達するとの予測です。また、未婚率が上昇しているため、老後問題はこれからさらに気になる問題となってきます。さらに介護のことだけではなく、様々な契約や法的な問題、金銭管理の問題もあります。

これらの問題を解決するべく事業を行っているのが、一般社団法人えにしの会です。

一般社団法人えにしの会の事業内容

老後は自身の健康や身元保証、遺言書や相続手続きなどあらゆる問題が出てきます。元気で身体が動き、自身の意思がはっきりしているうちに解決しておきたいと、多くの方は思っていることでしょう。

えにしの会は、生涯サポートとして以下の活動をしています。

身元保証

アパート・老人ホーム・福祉施設への入居や、病院への入院には身元保証人が必要となります。事故やトラブル発生時に身元保証人が緊急連絡先となり、費用滞納時には連帯保証を求められます。一般的には家族や親族の誰かが担うことが多いですが、家族や親族がいない場合や、頼めないといった事情もあるでしょう。そのような場合に、えにしの会が身元保証をしてくれます。死後対応もしており、遺体の引き取りや清算手続きもしています。

生活支援

日常生活の支援には、様々な内容があります。通院の付き添いや入院中の不足品を届けるといったことから、在宅での介護保険の申請サポートや認定の立ち合い、買い物の同行なども含まれます。また、病院での各種手続きの代行や退院時の付き添い、郵便物の管理など多岐にわたる内容が該当するので非常に心強いはずです。急な怪我や病気などの場合も、緊急支援として対応もしてくれます。

法律支援

弁護士や司法書士などの専門家が、様々な法的支援を行います。相続の手続きや公正証書遺言作成のお手伝い、また判断能力が衰えた場合には成年後見制度に基づいて、すべての手続き支援もしています。

金銭管理

ご高齢の方の中には、金融機関に出向くことが困難になり金銭管理が思うようにできない場合があります。自身で管理することが不安という方は、委任契約により弁護士や司法書士などの専門家に金銭や財産の管理を依頼することができます。財産をどのように管理するかは依頼者の意思を反映させるため、安心してお任せできるでしょう。複数で財産がある方にとっても、安心のサポートです。

万が一の際の支援

危篤や急変時には、時間関係なく駆けつけてくれます。意思確認書に基づいて延命治療意思の提示および死亡診断書の受け取りや、関係者への連絡、さらに葬儀社手配など一連の手配代行をしてくれます。

また、公的な手続きである保険証の返納や年金・各種ライフラインの停止手続き、家財道具の処分手配の代行も行います。死後の各種手続きは、1つひとつ行っていかなければなりません。時間と手間が掛かる手続きをお任せできるため、心強いサービスです。

葬儀・納骨支援

葬儀支援として、葬儀社との打ち合わせから費用支払い代行、喪主代行、火葬、拾骨、法要、納骨などすべての支援を行っています。お墓がない方の場合は、合祀墓による永代供養を行います。

えにしの会の契約形態について

ここまで見てきたようにえにしの会のサポート体制は万全ですが、気になるのは契約形態です。契約に関する疑問とあわせてご紹介します。

契約形態

契約形態には、「2者契約」と「3者契約」というものがあります。

2者契約は、本人・えにしの会の2者間で結ばれます。財産管理の場合には、信託契約を結んでいる信託会社が管理を行い、本人には原本受入証明書が発行されます。

3者契約は、本人・えにしの会・協力事務所の3者間で結ばれます。基本的な内容は2者契約と同様ですが、協力事務所である弁護士や行政書士、司法書士などが支払いや送金などの金銭管理を行います。

どちらの契約も途中で解約したい場合は、入会金などの返戻金はありませんが、預託金が返還されます。

支援内容の選択

契約者が必要とする支援内容を選択して、依頼することができます。また、契約途中で内容を追加したい場合にも対応しています。

預託金や予備費について

危篤時の対応や葬儀屋納骨、葬儀後の支援に使われます。亡くなった場合に、銀行口座が凍結されることにより必要な支援ができなくなることを防ぐためです。支援が終了次第、余剰金が発生すれば相続人へ返金されます。

まとめ

事業内容を中心にご紹介してきましたが、えにしの会が行っている事業は高齢化社会に欠かせないサポート内容です。元気なうちは触れる機会が少ない内容ですが、実際に身体が動かせなくなったり、認知能力が低下したりする前に考えておいた方が良いでしょう。

多くの方が避けては通れない問題であり、独身の方や親族がいない方などには身近な問題となり得ます。たとえ家族がいても諸事情で頼ることができないという場合にも、えにしの会の活動は心強い支援サポートであると言えるでしょう。

一般社団法人えにしの会 概要

  • 社名:一般社団法人えにしの会
  • 本部:福岡県福岡市中央区平和3-10-10-3
  • 設立:平成24年6月1日
  • 理事:川鍋 土王
  • 公式サイト:https://enishinokai.jp/