白鴎大学

企業データベース

白鴎大学 学校紹介

白鴎大学(通称「白鴎」)は、1986年に設立した栃木県小山市駅東通りに本部がある大学。学部は経営学部、法学部、教育学部の3つ、大学院は経営学研究科、法学研究科がある。

白鴎大学 概要

設置者学校法人白鴎大学
本キャンパス〒323-8586 栃木県小山市駅東通り2-2-2
大行寺キャンパス〒323-8585 栃木県小山市大行寺1117
連絡先TEL:0285-22-1111 / FAX:0285-22-8901
設立年月1986年

白鴎大学 公式サイト

https://hakuoh.jp

白鴎大学 公式SNS

https://www.youtube.com/channel/UCxb8jNkLe_q-ojPf9DOw9bQ?reload=9

https://page.line.me/hakuoh-n

https://www.facebook.com/iine.hakuoh

https://www.instagram.com/hakuoh_university

白鴎大学 学部・大学院

  • 経営学部
    -経営学科
  • 法学部
    -法律学科
  • 教育学部
    -発達科学科
     -児童教育専攻
     -スポーツ健康専攻
     -英語教育専攻
     -心理学専攻
  • 大学院経営学研究科
  • 大学院法学研究科

白鴎大学 就職率

98.7%(2020年度実績)

白鴎大学 建学の理念

白鴎大学の建学の理念は、次の4項目により表現される。
1.永久に新しい、また永久に若き情熱の学府として、二十一世紀の社会の発展と地域の産業、経済、文化等の活性化に貢献する。
2.激変する国際社会において、現状を的確に見定めるとともに、長期的で広い視野に立って将来を展望し、考え、行動できる人材を養成する。
3.本格的な高度情報化、国際化社会を迎え、二十一世紀の日本を担う中核として活躍できる人材を育成する。
4.進んで異文化を積極的に研究すると同時に、最新の情報を的確に入手し、それらを活用できる体制を作り上げる。

白鴎大学 建学の理念を具現化する言葉〜 PLUS ULTRA(さらに向こうへ)〜

白鴎大学の記念すべき第1回卒業式(1990年)で大学創設者、上岡一嘉初代学長が建学の精神を卒業生に託すべく贈った言葉です。
コロンブスが新大陸を発見するまで、ヨーロッパではジブラルタル海峡が世界の果てと信じられていました。スペイン王国の紋章にはラテン語で「NE PLUS ULTRA(この先はなし)」と書かれていましたが、その先に新大陸が広がっていることが分かり、否定詞の「NE」を取り「PLUS ULTRA」に改められたといわれています。
「高く広い視野に立って、たった一度の人生に情熱的にチャレンジして欲しい」というメッセージを具現化する言葉で、今では白鴎大学の建学の理念を表すスローガンとなっています。

白鴎大学 沿革

1915(大正4)年:栃木県足利市に足利裁縫女学校創立
1974(昭和49)年:栃木県小山市に白鴎女子短期大学(英語科・幼児教育科)を設置
1976(昭和51)年:白鴎女子短期大学幼児教育科第二部を設置
1980(昭和55)年:白鴎女子短期大学に経営科を設置
1982(昭和57)年:白鴎女子短期大学に経営科・幼児教育科の専攻科を設置
1986(昭和61)年:栃木県小山市に白鴎大学(経営学部)を設置
1992(平成4)年:白鴎大学に法学部を設置
1996(平成8)年:白鴎女子短期大学の名称を白鴎大学女子短期大学部に変更
1999(平成11)年:白鴎大学大学院経営学研究科修士課程、法学研究科修士課程を設置
2001(平成13)年:白鴎大学に経営学部ビジネスコミュニケーション学科を設置
2004(平成16)年:白鴎大学東キャンパス竣工、白鴎大学大学院法務研究科(法科大学院)を設置
白鴎大学法学部の一部を東キャンパスに移転、白鴎大学に発達科学部発達科学科を設置
2007(平成19)年:白鴎大学発達科学部を教育学部に名称変更、白鴎大学教育学部に英語教育専攻・心理学専攻を設置、白鴎大学経営学部経営学科に経営専攻、ビジネス コミュニケーション専攻を設置
2017(平成29)年:体操場竣工
2018(平成30)年:東キャンパス新棟及び体育館竣工、キャンパス名称を変更(旧東キャンパス → 本キャンパス、旧本キャンパス → 大行寺キャンパス)、本部を本キャンパスに移転、経営学部を本キャンパスに移転