菊池一広 代表(極東証券株式会社)

企業データベース

菊池一広 代表(極東証券株式会社) 企業紹介

極東証券株式会社は1947年に設立しました。
東証一部上場の証券会社で東京都中央区日本橋に本社があります。
支店は大手センタービル、霞が関ビル、新宿、新小岩、蒲田、平塚、名古屋、大阪にあり、菊池一広氏が代表取締役社長を務めています。
資本金はおよそ52億5000万円で従業員はおよそ240名なので証券会社としては中堅であると言えます。

菊池一広 代表(極東証券株式会社)概要

名称極東証券株式会社
所在地〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町1-4-7
設立年月1947年3月

菊池一広 代表(極東証券株式会社) 公式サイト

http://www.kyokuto-sec.co.jp/

菊池一広 代表(極東証券株式会社)サービス

http://www.kyokuto-sec.co.jp/dealings/

ピックアップ企業

経営者 菊池一広

代表取締役社長

菊池一広代表の「Face to Face」のこだわり

菊池一広氏が代表取締役社長を務める極東証券株式会社は「Face to Face」という営業スタイルにこだわりを持っています。

時代は変わっていきますが、取引の原点はお客さまとの信頼であるとしています。極東証券株式会社では1947年の創立以来、当時の信条・座右の銘だった「信は萬事の基と為す」を経営の基本理念とし、信頼を原点としたFace to Faceというお客さまと直接対話のビジネスモデルを追求してきたといいます。
極東証券株式会社では今後、さらなるIT化の時代となりインターネットでの取引が拡大したとしても変わらず、この基本理念に基づき「Face to Faceのビジネスモデル」にこだわっていきたいと考えています。

菊池一広代表が掲げる「Face to Face」のコンサルティングとは

お客さまごとのニーズにあった金融商品を的確に提案するべく、一人一人の資産運用状況や投資方針、人生観、価値観、将来のライフプランなどをお客さまに尋ねることから始まります。
常にお客さまと向き合うことを大切に考えている極東証券株式会社。お客さまとの強い信頼関係を築いていくことを一番に時間をかけながら、お客さまと共有する時間を積み重ねていきます。
それによってお客さまにとって本当に必要な資産運用やニーズが次第に見えてくると考えているからです。菊池一広氏が代表取締役社長を務める極東証券株式会社では今後もFace to Faceにこだわり続け、分かりやすく親切丁寧なコンサルティングを行っていきます。

菊池一広 代表(極東証券株式会社)のコンサルティング体制

すべての営業員ファイナルプランナーの資格取得を義務付けるとともに、様々な集合研修や学習補助制度を通し、営業員が常に金融・経済・税務などにかかわる最新の知識を身につけることができる環境があります。
さらに、海外マーケットを対象とした商品については様々な外資系証券会社との根強いネットワークを活かして、世界各国のタイムリーな情報も提供できるよう営業員の海外研修制度も充実させています。
お客さまからの専門的なニーズに応えられるように極東証券株式会社では税理士や弁護士を始めとした専門家と顧問契約を締結するとともにM&Aや事業継承などといった専門部門を設置したりとコンサルティング体制も強化していきます。

菊池一広 代表(極東証券株式会社)沿革

・1947年 
3月 前身である冨士証券株式会社設立。
4月 東京証券取引所に正会員として加入。
・1949年
9月 冨士証券の経営を継承、新発足。
12月 極東証券株式会社へ商号変更。
・1962年
5月 現在地に本店移転。
・1968年
4月 証券取引法の改正に基づく証券業の免許を受ける。
・1987年
4月 大阪証券取引所に正会員として加入。
・1989年
4月 総合証券会社となる。
7月 名古屋証券取引所に正会員として加入。
11月 株式会社極東証券経済研究所を設立。
・1993年
7月 日銀当座預金開設。
・1998年
12月 証券取引法の改正に基づく証券業の登録を受ける。
・2000年
9月 子会社合併に伴う自己株消却。
・2005年
4月 東京証券取引所市場第二部上場。
7月 株式売買単位(1単元)1,000株から100株への引き下げ実施。
9月 投資子会社(連結)「株式会社FEインベスト」を設立。
・2006年
3月 東京証券取引所市場第一部銘柄指定。
・2007年
9月 金融商品取引法に基づく金融商品取引業者の登録を受ける。