共生バンク株式会社

企業データベース

共生バンク株式会社 会社紹介

共生バンク株式会社は、東京都千代田区に本社を置いています。1997年7月に設立され、不動産開発事業やファンド事業、ホテル事業、テーマパーク事業、テクノロジー事業、農業事業、シニア事業、ジビエ事業などを展開しています。現在グループ企業は20社を超し、その経営管理や付帯する業務を事業としています。

共生バンク株式会社 概要

名称:共生バンク株式会社
本社所在地:〒102-0083東京都千代田区麹町5丁目3番地 第7秋山ビルディング5階
設立:1997年7月
連絡先:TEL:03-3556-1615/FAX:03-3556-1613

共生バンク株式会社 代表

柳瀬健一

共生バンク株式会社 公式サイト

https://www.kyosei-bank.co.jp/

共生バンク株式会社 グループ企業

みんなで大家さん販売株式会社
都市綜研インベストファンド株式会社
都市綜研インベストバンク株式会社
和数奇ホテルズ&リゾーツ株式会社
AGREVO BIO株式会社
ともいきふぁーむ株式会社
伊勢安土桃山城下街株式会社
INDEPENDENCE KINGDOM株式会社
株式会社結心
ともいきの国出版

共生バンク株式会社 事業内容

・不動産開発事業
現在、共生バンクは、「共生日本ゲートウェイ成田プロジェクト」という大規模なプロジェクトを進行中です。他にも、自社開発マンションなどもあり、立地の厳選や、デザイン性、健康志向、安全重視などといった、時代のニーズに合った魅力高い企画設計を目指しています。シングル・ディンクス向けマンションとして、キャピトルシリーズやアリスマナーガーデンシリーズなどのブランドも展開しています。

・ファンド事業
みんなで大家さんを中心に、中長期的に賃貸事業をする優良不動産の取得を目指し、投資不動産の資産価値を維持します。そうすることで、簡単で、安心感のある資産運用の提供をしていきます。

・テーマパーク事業
伊勢忍者キングダムという、日本のルーツでもある侍や忍者の世界観を楽しむことができるテーマパークを運営しています。アトラクション・エンターテイメント、イベント企画に設備保全や飲食店の運営事業をサポートしています。

・ホテル事業
宿泊施設というだけでなく、喜びや癒し、感動、そして元気をもらえるようなホテル運営をしています。お客さんの目に触れる部分はもちろん、雇用や財務、労務管理など、従業員にとっても良いホテルを目指しています。

・テクノロジー事業
アグレボバイオテクノロジーでの研究をメインに、AGEWVO農法に基づく植物による健康食品や衣料品、化粧品、繊維加工などの新商品の開発、生産販売事業を行っています。現在、作物はおよそ230種類の試験栽培中です。

・農業事業
共生バンク株式会社の農業事業では「世界の食糧難の解決」「就農者高齢化による耕作放棄地の減少」「環境変化による鳥獣害被害対策」「健康と土壌を守る無農薬化促進」という4つを掲げています。特に、栄養豊富で低カロリーなともいきバナナはデザートや調理用食材としても優秀なため、世界の食糧問題に有力として注目されています。

・社会福祉事業
社会福祉事業を通して、子育て世代の人々のゆとりある働き方支援や障碍者とその家族の豊かな生活の実現を目指しています。
運営支援は、
・障害児通所支援施設 ゆうしん
・寺田町保育園「ナーサリーポッポ」
・学童教室「レインボー鉄学館」

・シニア事業
高齢者向けの生活支援サービス付き、マンションの運営を行っている共生バンク株式会社。建物調査や、点検業務、清掃活動なども行います。建物設備管理業務は、人間の健康管理と同じく、建物設備担当スタッフにより建物の管理、日々の清掃やメンテナンスを徹底しています。高クオリティなマンション保守管理業務に努めており、東京狛江市のインディペンデンスヴィレッジ成城西などが知られています。

・ジビエ事業

シカやイノシシなどの野生鳥獣による農作物の被害額は年間200億を超すと言われており、農業意欲が減退し耕作放棄地も増え、農山漁村の方々の暮らしに大きな影響をもたらしている現状があります。これまでに捕獲してきた鳥獣の95%が処分となり、5%ほどしか食用活用されていないことに注目しました。農林水産省では数年前からジビエの食肉利用率の引き上げを目指しているため、このようにジビエ活用運動に取り組むことで、農山漁村の活性化や野山、里山などの環境保全に努めています。
共生バンク株式会社では、国産天然ジビエ肉の加工品製造や飲食店への卸売、個人への販売などをメインに行っています。