キリロム工科大学

医療・福祉業界

キリロム工科大学

キリロム工科大学は、カンボジアトップクラスの技術大学です。プノンペンから車で3時間ほどの位置にある、キリロム国立公園内の9000ヘクタールの土地を政府より借り受け、大学を中心とした学研都市づくりをしています。
ユニークな奨学金制度で、カンボジアの優秀な学生約300人が全寮制で学んでいます。日本からの留学生も受け入れており、講師陣はインド・フィリピンなどの諸国から集まってきているため、多様性に富んだコミュニティを形成しています。
キリロム工科大学は”日本の高等教育はどうあるべきか?”という問いからスタートしました。
日本の高齢化、グローバル化の遅れ、深刻なITエンジニア不足と、カンボジアのグローバルな人材、高度IT人材育成の遅れの双方を同時に解決するため、キリロム工科大学は設立されました。
英語ができず、お金がない国の若者でリーダー要素を持つ若者をグローバル人材に育成することができる機関は世界的に見ても少ないです。
キリロム工科大学ではこうした社会の課題を解決していくため、ビジネスの方法で持続可能な成長を目指していき、非英語圏からグローバルリーダーを生み出す仕組みとして、カンボジアだけではなく多くの国で転用できるモデルになることを期待されています。

キリロム工科大学 学校概要

学校名キリロム工科大学
理事猪塚武
所在地カンボジア王国 コンポンスプー州 キリロム国立公園内
連絡先070-4357-6523

キリロム工科大学 公式サイト

https://www.kirirom.info/

キリロム工科大学 公式SNS

・Twitter:https://twitter.com/kitinstitute
・Facebook:https://www.facebook.com/KITinstitute
・Instagram:https://www.instagram.com/kirirom.university/?hl=en
・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCYAvu6nrJsY9jwXGTMrUGmw
・note:https://note.com/kirirom_ac

ピックアップ企業

キリロム工科大学について

キリロム工科大学 求める人材

・将来はアジア・世界を舞台に活躍する意欲のある人材
21世紀はアジアの時代と予想される。大きな経済発展の場となるアジアには世界各地からビジネスチャンスを求め人々が集まってくるとされ、卒業後、そうしたフィールドでダイナミックに活躍したい学生を求めている。

・多様性を尊重できる人材
国を出ればそこには異なるバックグラウンドを持つ様々な人々が暮らしている。WEB会議システムやバーチャルオフィスなどを活用したボーダーレスでのチーム組成は当たり前になっており、多様性のあるチーム環境の中でリーダーシップを身につけたい学生を求めている。

・未来の社会を変えることに興味のある人材
IoTやAIを活用した産業革命4.0の時代において、ITの知識やスキルはすべての産業に必要となっている。キリロム工科大学では先端技術を武器として今後の社会変革をリードしたいと考えている学生を求めている。

・机の上だけでない実践的なスキルに関心をもつ人材
座学で学んだことを自ら実践し身体で理解していくことに関心のある人材を求めている。
先端技術AI学科ではインターンシップという授業のなか、キリロム敷地内の様々なITに関する案件を、学生が手掛けることで街づくりを目指す。さらに企業から実際のプロジェクト案件に参加し、授業で学んだことを、すぐに実際のプロジェクトで実践することができる。

教育について

キリロム工科大学では、卒業生が産業革命4.0時代にリーダーとなれるようにカリキュラムを構成している。成長企業と産業連携を多く行っており企業のデジタルトランスフォーメーションもサポートしている。
また、キリロム工科大学の教育的コンセプトは、”日本にこんな大学があったら良いな”という理想を具現化したもので、日本の大学制度のなかでは実現が難しい教育方法を採用しており、それは日本や世界、未来の理想の大学の在り方に繋がると考えている。
教育制度に自由度の高いカンボジアで様々な取り組みを行っていき、キリロム工科大学では学生に挑戦の場を提供できる環境を整えている。

キリロム工科大学 沿革

2014年10月:キリロム工科大学設立、先端技術IT学科開設
2018年4月:日本人学生第1期生(キリロム工科大学第5期生)入学
2018年11月:キリロム工科大学第1期生卒業
2019年4月:観光経営学科開設/日本人学生第2期生(キリロム工科大学第7期生)入学
2021年:建築学科を開設予定/修士課程(情報工学)を開設予定