日清医療食品株式会社

企業データベース

日清医療食品について

日清医療食品はヘルスケアフードサービスのリーディングカンパニーとして、「おいしく食べて元気に!」をモットーに医療・福祉・保育施設への食事を提供しています。

日清医療食品は「心」のこもった食事サービスの提供を通して、お客様の信頼に応える企業です。

日清医療食品の事業内容

日清医療食品で行っている事業内容をまとめました。

病院の食事

全国の医療機関に1,900件以上の実績を持ち、栄養管理されたおいしくて楽しい食事を提供し、患者様に寄り添った「治療」をサポートしています。

病院での食事は、治療の一環であるため、患者様の病態に応じた食事内容が求められます。そこで、適切な食事を提供するべく、ドクターや施設管理栄養士と相談のもと安心・安全かつ食べやすい形状の食事を提供しています。

また、おいしさと栄養バランスはもちろんのこと、患者様が365日飽きないようなメニューの提案を行っています。

さらに、クリスマスやお正月など季節を感じられる行事食も用意されており、入院生活の中で楽しみを感じることができます。

福祉施設の食事

食べることが「好き」・食べることが「楽しい」と感じてもらうべく、バラエティ豊かな行事食の提供をしています。ほかにも、参加型イベント食に対応しています。

例えば、バイキングやそば打ち実演サービス、握り寿司サービスの提供です。

こどもの給食

保育施設での食事は、子どもたちの成長に合わせた栄養バランスだけでなく、愛情を感じられることが大切になります。そこで日清医療食品は「大勢で食べる楽しさ」を体感してもらうことを基本にして、「食育」の観念から食材の切り方・サイズなど食に関心を持つ取り組みを行っています。アレルギー対策においては、全社員がアレルギーの知識を持ち、お客様とは定期的な勉強会を推進しています。

自宅での食事

“栄養バランスのとれたおいしい食事”を自宅でも食べたいときに、「すぐ食べられる」という要望に応えるべく開始したのが「食宅便」と「HeMog」です。

電子レンジで温めるだけで簡単に作ることができ、メニュー数も500種類以上と業界トップクラスの豊富さを誇っています。

また、定期便では毎回注文する手間が省けるだけでなく、注文のし忘れを防ぐこともできます。

食品・消耗品販売

医療・福祉・保育施設向けに展開しており、現場のニーズに即した消耗品を豊富に取り揃えて一括供給するサービスです。導入するメリットは、仕入れが安定するだけでなく、現場のスタッフ方の負担を軽減して、トータルコストの削減を実現します。その結果、経営効率の向上が期待できます。

日清医療食品の価値創出

  1. 誰もが「食」を楽しめるメニュー開発、安定提供
  2. 調理が簡便な食事の開発
  3. 在宅者向け、健康に気づかう方向けの食開発(食宅便)
  4. 自動化・省力化の推進と衛生管理体制の強化
  5. 食事に関わる新たな社会課題への対応

日清医療食品の概要

会社名:日清医療食品株式会社
設立:1972年9月25日
本社:〒100-6420 東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルディング20階
電話番号:03-3287-3611
資本金:1億円
拠点数:本社・16支社・16営業所
主要取引先:全国各地の医療施設、福祉施設、保育施設など

日清医療食品の公式サイト

https://www.nifs.co.jp/

日清医療食品の公式Twitter

https://twitter.com/Nifs_jp