大正大学とはどのような大学なのか?教育ビジョンやキャンパスライフを調査してみた

ピックアップ企業

大正大学の学校紹介

大正大学は1926年に開学した老舗の教育機関で、2026年には創立100周年を迎えます。仏教精神を基調とした大学であり、脈々と受け継がれてきた伝統に重きを置いています。一方で、革新的な試みにも積極的に取り組んでいて、社会的評価をより一層高めるべく学生や教職員が一丸となっています。
ここでは大正大学とはどのような教育機関か、その概要や特色について詳しく紹介します。

大正大学の概要

学校名:大正大学
所在地:〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
学長:髙橋 秀裕
設立:1926年
公式サイト:https://www.tais.ac.jp/

大正大学の4つの教育ビジョン

慈悲

慈悲とは仏教用語です。生きとし生けるものに対して平等な気持ちを持つことです。そこからすべての人々に対して友情を持ち、他人の苦しみを共有するという意味合いがあります。また、他者を生かすという意味合いもあり、そのためには自分自身で生きる力を養っていかなければなりません。

自灯明

他人の言葉に振り回されることなく、真実を頼りにして自分自身を確立させるという意味です。真実を知るためには学び、考え続ける必要があります。学んで身についた知識も時間の経過とともに変化することも珍しくありません。このため、すべてのものが変化することを前提にして、常に何かを求め追求する精神が必要になります。

中道

両極端な考え方のどちらかに偏らない生き方のことです。現代社会で中道を実践するには、正しい生き方を求める心と、簡単に惑わされない強い精神が求められます。その他にも倫理観を養い、道徳的な生き方を常に意識することが大事です。大正大学では現代における中道とは、法令や規則を守ることも重要であると考えています。

共生

仏教の縁起の思想をベースにした考え方です。演技とは世の中にある万物は直接、間接関係なく、何らかの形で関わっているという意味です。大学での出会いは、志を同じくしたものが一緒に学び、それぞれの目標を達成するための一つの共同体であると考えられます。

大正大学のTSRとは?

大正大学ではTSRというものを掲げています。TSRとは「Taisho University Social Responsibility」の略称です。日本語に訳すと「大正大学の社会的責任」という意味です。社会的責任を実現するために、教職員が一丸となることを目標にしています。大正大学の経営者である理事会では「5つの経営資源」を担保します。
一方、教職員は「5つの社会的責任」を果たすことが求められます。この2つの目標を達成することで、ミッションクリアができると考えています。また、目標達成することで、新たな価値も創造できます。

5つの経営資源とは、5本の柱によって構成されます。

  • 教職員や学生、株主確保などの人材の確保
  • 環境の最適化やネットワーク、オンライン環境の整備などの充実した教育環境
  • 学生の確保や改革のための投資をはじめとした安定した財務
  • 大学運営に資する情報収集や大学の魅力を発信するなどの情報
  • スピーディな意思決定、多効率的な働き方の提案をはじめとした働き方改革

一方5つの社会的責任とは、以下を指します。

  • 学生は目標に基づき学び、教職員は独自の研究活動や優れた教育活動を通して貢献する
  • 学内支援体制の整備などの充実した学生生活
  • 伝統を重んじながら、全国を対象にした地域貢献活動などを推進していく、特色ある社会貢献や地域連携
  • 高い倫理観を持ち、正しい生活態度を常に心がけるミッションに基づく学風の醸成
  • 自己点検や評価活動を通じ、PDCAサイクルを推進していくTSRに基づく大学運営

大正大学 キャンパスライフ

大正大学にはいろいろな学部と学科があります。まず、社会創造系学部群と探求実証系学部群の2系統に分類できます。社会創造系学部群には社会共生学部と地域創生学部、表現学部の3学部、探求実証系学部群は心理社会学部と文学部、仏教学部の3学部が含まれます。社会創造系学部群は1年4学期のクォーター制、探求実証学部群は1年2学期のセメスター制と異なるスケジュールのカリキュラムを用意しているところも大正大学の特色の一つです。

社会創造系学部群の場合、基礎教養のほかにもフィールドワークや実習も積極的に取り入れているところが大きな特徴です。フィールドワークや実習は大学内だけでなく、大学の外に出て行うこともあります。大学外に出ることで現代社会における現在進行形の問題点や課題に触れることができます。その問題を理論を学ぶことにより解決していくスタイルです。

探求実証系学部群ではまず基礎を学び、より専門的な学問を学習していく形です。基礎をしっかり固めながら、高度な専門性を身につけられます。探求実証系学部群では第3種科目の履修、教員や学芸員、司書などの資格取得も可能になります。また、将来就職するにあたって必要な資格の取得もできます。